記念メダルとは?

東京タワーの展望台や水族館のお土産売り場などで、このような機械を見たことがありますか?



知っているという方は、お目が高い!
知らないという方は、この機会に知って頂ければ。

記念メダルとは、裏面に日付と名前を打刻できるメダルのことです。(ざっくりとした説明ですが)
日本各地の観光地やタワー、水族館、博物館、期間限定の展覧会などで手に入れることができます。
表面裏面それぞれが、その場所のオリジナルデザインとなっており、同じ場所でもデザインがリニューアルされることもあるので、コレクションにはもってこいなのです。
(記念メダルについて詳しく知りたい方は、メダルを製造している「茶平工業」さまのサイトなどをご覧ください)

さて、相ヶ瀬の記念メダルコレクションですが。
「記念メダルを集める」というよりは、「その場所を訪れた記念にメダルをつくる」という意味合いが強いので、そこまで多くは持っておりません。(自分で打刻するのが好きなので、オークション等で買い集めるほどのコレクターではないのです)
想い出は、忘れまいとしても、忘れていってしまうものですから…。
手元の記念メダルを見ては、あの日、あの時、あの場所で、刻印機でガコガコ打刻したことを思い出すのです。

とはいえ、「ここに記念メダル機あったよ!」という情報を聞きつけると、その場所へ赴きたい気持ちが芽生えるのもまた然り。
ハマりすぎると、とことん集めてしまう傾向にあるので、このくらいの集め方がちょうどよいのかもしれません。

ここでは、気ままに訪れ集めた記念メダルを紹介したいと思います。

最後に。
「ここで記念メダル機見ました」といった情報をお持ちでしたら、ご一報頂けると幸いです。笑